CADって何?CADを使用する目的や導入の利点について

CADとはそもそも何をするもの?

CADとは、簡潔に言えばパソコンを使用して設計図を書くためのソフトやシステムのことです。CADと言っても、その種類は多岐に渡ります。使用用途としては、自動車や住宅、建築物の設計や、服飾関係の製図まで幅広いです。厚生労働省が管轄しているCADに関する資格も数多くあり、ものづくりの現場では欠かせないものとなっています。CADを実際に使用したいと考えたら、ソフトをダウンロードしますが、価格は手頃なものから高額なものまでピンキリです。中でも「JWCAD」と呼ばれるフリーソフトは、建築業界で一般的に使用されていて、初心者でも使いやすいとされています。

CADを導入する利点とは?

CADを導入する利点は、いくつか考えられます。まず、手書きより簡単に製図を行うことができるという点です。CADが使用される以前は、手書によって図面に必要な情報を全て書き込んでいくのが当たり前でしたが、CADによってそれらの作業がパソコンで行えるようになり、作業時間が大幅に短縮されました。また、図面を作成する際は、誰が作成しても均一な線の太さであることが求められます。CADを使用すれば、誰でも同じ太さの線で図面を完成させることができるのです。CADを使用すれば、製図の修正も簡単に行うことができます。コンピューター上では、修正したい部分のみを削除することができるため、正確に製図を完成させることができます。さらにCADで作成した図面は、データで管理や共有することが可能なのも利点の一つであると言えます。

水道CADとはcomputer Aided Designの略語です。コンピューターで水道設計や製図をしたりすることで、またそのためのソフトなどもさします。