妊娠する確率が高まる不妊治療の最先端はこれ!

外国に出向いて不妊治療を受ける

日本の不妊治療は制約が多く高い医療技術の恩恵を受けることができません。配偶者以外の女性から卵子を提供してもらい、男性の精子を体外受精させて配偶者の胎内に返すという卵子提供という手法があります。妊娠の確率が向上するだけではありません。染色体の状況を把握して最適な卵子と精子を選ぶので流産のリスクを抑えることができるのです。染色体異常も回避することができるので胎児へのリスクも最小限にとどめる可能性を持っています。さらに、男女を産み分ける可能性を高めてくれるのです。このため、家族のバランスを考えることにもつなげることができます。これらは、着床前診断プログラムというもので検査をしながら行います。

女性のケアも必要です

卵子提供による体外受精は女性側の準備も必要です。いわゆる、妊娠しやすい環境を作ることです。体を保温することや妊娠しやすい栄養素といわれる葉酸をとることで実現します。ほかにも規則正しい生活やストレスをため込まないなど生活習慣をよくすることも重要です。

卵子提供ができる対象者について

基本的に希望すれば、卵子提供を受けることができます。具体的な妊娠への悩みのタイプとして加齢による卵巣機能低下や子宮内膜症といった病気の経験者や閉経した人などです。妊娠をあきらめかけていた人たちへの希望の医療技術なのです。費用は、医療費に海外渡航費用が加わるため高額となるため注意が必要です。日本の不妊治療を何度も繰り返して失敗している場合や、流産のリスクを考慮して判断することがポイントです。

卵子提供は、人工授精や体外受精と比べて費用が掛かりますが、加齢や疾患により卵巣の機能に問題がある人も妊娠が期待できるという利点があります。