フランチャイズを利用して独立起業しよう!

初めての経験でも大丈夫!

一般的に今している仕事を辞めて、新たな会社等に転職をする場合は、今の仕事の経験をそのまま活かせるような同じ業界内へ転職をするケースが多いです。全くの畑違いの転職先となると、全てにおいてゼロからの出発になるためリスクを伴うからです。しかし、全くの畑違いの仕事でもフランチャイズを利用すれば、うまく仕事をスタートさせることができます。その理由はフランチャイズの制度に答えがあります。

フランチャイズは、もともと企業が事業を展開しているところに加盟して、自分のお店を持ち、仕事をしていきます。ですから、飲食店の場合で考えた場合、すでにお店の知名度は確立されていますので、感覚的にはその飲食店のひとつの店舗という形で仕事がスタートできます。わざわざ、お店の名前を知ってもらうための活動はほとんど不要となります。

研修制度が充実しています

フランチャイズ加盟したところが全くの畑違いだったとしても、お店をオープンさせるまでに充実した研修制度が用意されています。企業によって研修のスタイルは異なりますが、一般的には既に営業している他店舗に出向いてそこで実践の中で色々と細かいところまで教えてもらいます。また、マニュアルが用意されているので、そのマニュアルに沿って覚えておけば、結果的にお店のオープンまでたどり着けます。お店をオープンする時は、応援で他店スタッフがサポートに入ってくれることもあるため、独立起業と言っても安心してお店をオープンさせることができます。

フランチャイズ募集は、全国展開をしているコンビニやファミレスのチェーンなどで行われており、加盟店に対して開業に向けた資金援助や店舗の確保などをサポートしているところが多くあります。