設計活動をスムースにしてくれるCADの魅力はこれ

製図作業の利便性が向上

従来はドラフターという製図用品を使って、定規と鉛筆で作図をしていました。人の作業なので消しゴムで消したりすると黒くなったり、文字がみにくくなるなどトラブルが生じていました。また、原図が一枚しかないですし、コピーをして紙で関係者と検討したり、工場へ持参して製品を製作したりと取り扱いの利便性が悪いことが欠点でした。それを解決したのがCADです。パソコン上で作図ができる世になったのです。これにより、線を消したりするのもワンタッチで便利ですし、修正も簡単ですよね。見やすいですので関係者もわかりやすいです。データとして運用ができますのでメールやサーバーで関係者と簡単に共有する環境が実現しますよね。

3D化でより便利になりました

断面図の作図や2次元から3次元をイメージするのは頭を使いますよね。これを解決したのが3D-CADです。3次元の立体データーを作って、2次元に落とし込むことで簡単に製図ができるようになったのです。これだけではありません。3Dモデルを使って組立の評価で干渉がないかのチェックや応力や熱流体解析をすることで製品の機能設計をすることにも活用ができるようになりました。

ソフトの互換性がある

CADソフトはたくさんのメーカーが出していますよね。データの互換性があると便利です。これを実現したのが中間ファイル形式で、CADソフトが違っても読み込むことができます。注意しなければならないことは、文字化けやデータがバグを起こしてしまうので確認をしながら運用することが重要です。

電気CADとは電気工事の配線図などをパソコンを使って作ることで人間の手よりも正確かつスピーディーにおこなうということを指した言葉です。