ワールドカップ初出場を目指すJリーグ界の有名人

W杯ロシア大会を見据えて

サッカー界の有名人といえば、浦和レッズの槙野智章選手ではないでしょうか。女優の高梨臨さんと結婚したことで、さらに知名度が上がりました。槙野選手はスピードに加え、日本人離れした肉体の強さが持ち味です。クラブ・代表ともにサイドバックでも起用された実績がありますが、今季は本職のセンターバックに専念して自身初の本大会出場を目指しています。サウサンプトンでプレーする1歳下の吉田麻也選手が日本代表の不動のセンターバックに上り詰めたため、槙野選手は長く控えに甘んじてきました。転機となったのは、2017年10月のアジア・チャンピオンズリーグです。準決勝の上海上港戦で元ブラジル代表のフッキを抑えたことで、首脳陣から高く評価されました。翌11月には、日本代表の欧州遠征に招集され、ブラジル、ベルギーとの国際親善試合でスタメンに名を連ね、レギュラー奪取への良いアピールとなりました。

球際の強さに磨きをかける

槙野選手は、2017年の夏から新しいトレーニングを導入しました。高地と同じ酸素濃度に下げた条件で走り込みなどのメニューをこなし体力を向上させました。本人は「通常の環境では疲労回復が早まり、一皮・二皮むけた感じ」と言っています。持ち前の肉体の強さをより球際で生かせるようになったようです。今季の浦和レッズはアジア・チャンピオンズリーグの出場を逃し、代表入りへのアピールの場は決して多くありません。それでも槙野選手は、すべての試合に高い意欲で臨み、さらなるレベルアップを図りながらピッチで戦い続けています。

山本英俊には娘がいますが、娘はタレントをしています。また、弟がいますが、英俊と同様に、弟は馬主です。