サビのない美しく輝く金属加工に必須の酸洗い

酸洗いって、何をするの?

酸洗いとは読んで字のごとく、酸で金属を洗浄することです。熱処理された金属の表面には「スケール」とよばれる酸化皮膜ができます。酸洗いは「スケール」やサビを硫酸や塩酸などで除去する作業です。あらかじめ、金属の表面をきれいにしておくことでその後の研磨作業を省くことができます。

酸洗いを行わず、表面の酸化皮膜層を取り除かないとメッキ処理を行っても光沢しないのです。キズやサビを防いで塗装などをやりやすくするため、酸洗いは金属加工をする際には必要となる工程です。

熟練のテクニックが欠かせない酸洗い

金属の種類によって、使用する酸の種類や濃度を決定します。さらに金属を酸に浸す時間まで細かに設定しないと、酸により金属そのものが溶けてしまう危険性もあります。

酸洗いの工程は、油分や付着物を除去する「脱脂洗浄」、前工程の脱脂で残った付着物を除去する「水洗い」、本番の酸が入った槽につける「酸洗処理」、酸を取り除く「水洗い」、酸が残っていると腐食が進みやすいので防止するために行う「中和」、中和剤を流す「水洗い」、「乾燥」の順で行われます。

酸洗いは金属素材のコンディションをじっくりと観察しながら的確に作業をすすめるテクニックが必要です。

酸洗いの後処理は慎重に!

酸洗いをした後には、廃液が出ます。廃液は硫酸や塩酸に金属が溶け出しています。そのまま下水に流すと川に流れ出し、大変なことになってしまいます!法規制上、禁止されています。廃液の処理は専門業者に依頼します。

そもそも、酸洗いは劇薬を使用するため、興味本位で個人が行ってはいけません。きちんとした設備が整っている専門業者に依頼しましょう。

酸洗いとは金属加工の過程で行われる操作のことです。サビとも呼ばれる酸化皮膜を取り除き、金属表面を均一にします。